特別編:緊急事態宣言後の第二新卒・既卒採用の動きについて

人事の図書館 編集長 大西直樹

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が解除され、6月から経済活動の再開が本格化しています。しかし、コロナ禍が学生の就職活動並びに企業の採用活動に与えた影響は大きく、昨年度とはスケジュールも活動内容もかなりの変更を余儀なくされているのが実情です。

そこで人事の図書館では、2020年4月下旬に実施した会員向け緊急アンケートに引き続き、学生及び大学、そして企業の現状をお伝えすべく、特別編として3回にわたって記事をお送りしています。今回は第二新卒・既卒採用の最新の状況について、株式会社学情 大阪企画営業本部企画営業第2部マネージャーである柳亮太さんにお話をお伺いしました。

 

求職者は今後、さらに活発な動きを見せると予測。

 

――新型コロナウイルスの影響で、企業の第二新卒・既卒の採用計画にどのような変化が出ているでしょうか?

新型コロナウイルスの影響が広がるにつれて、業種・規模を問わず、採用予定を減らすという企業が増えてきました。特に影響が大きいのが、社会人経験1年未満でもOKという求人で、以前に比べ激減しています。採用数を絞り込む中で、より即戦力に近い人材を採用したいという企業の狙いの表れではないでしょうか。

一方、スーパーやドラッグストア、物流といった好影響を受けている業界は、むしろ採用意欲は旺盛です。また、建設業や製造業、IT業界等は、いまなら採用難易度が高い理工系人材を採用できるチャンスと捉えて、採用活動を活発化させている企業も多いですね。

 

――では、求職者の動きはいかがでしょうか?

当社が運営している20代専門転職サイト「Re就活」に掲載いただいている各企業へのエントリー状況を見ますと、コロナ以前より3~5倍に大きく増加しており、多くの求職者が活発に活動していることが読み取れます。応募者の質もよく、掲載企業様の満足度は高いですね。

ですが私は、今活動している求職者はまだまだ予備軍で、これから年内にかけて20代転職希望者が爆発的に増えてくると予測しています。新型コロナウイルスの影響で、これからの私たちの働き方や生き方、価値観が大きく変わることは間違いありません。例えばテレワークを体験した社員が、これからの働き方を変えたいと思うのは必然でしょうし、今自分が働いている会社がアフターコロナの時代を生き抜いていけるかどうかを、この瞬間多くの若者が見極めようとしているはずです。これから近いうちに、そうした若手社会人の多くが本格的に転職活動を始めることになりますので、企業にとっては優秀な人材を採用する、まさに絶好のチャンスになることは間違いありません。

次のページ:オンライン時代の採用成功に欠かせない視点とは。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ