特別編:緊急事態宣言後の新卒採用の動きについて

人事の図書館 編集長 大西直樹

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が解除され、6月から経済活動の再開が本格化しています。しかし、コロナ禍が学生の就職活動並びに企業の採用活動に与えた影響は大きく、昨年度とはスケジュールも活動内容もかなりの変更を余儀なくされているのが実情です。

そこで人事の図書館では、2020年4月下旬に実施した会員向け緊急アンケートに引き続き、学生及び大学、そして企業の現状をお伝えすべく、特別編として3回にわたって記事をお送りしています。今回は新卒採用の最新の状況について、株式会社学情 大阪企画営業本部企画営業第1部ゼネラルマネージャーである石谷博基さんにお話をお伺いしました。

 

6月に入り、いよいよ最終見極めが本格化。

 

――緊急事態宣言下では、企業の人事担当者も在宅で業務をされる方も多かったと思うのですが、状況に変化はありますでしょうか?

5月末頃までは半数以上の方が在宅での勤務でしたが、6月以降は7~8割は出社しておられます。ただし在宅と言っても、社外から個人情報にアクセスしたり、自宅で学生と面談をすることに抵抗がある方も多く、選考等がある際は出社しておられた方もいらっしゃったようです。いずれにしても皆さん初めての体験で、戸惑っているご様子の方がほとんどでしたね。

 

――6月以降はリアルでの面接も増えてきていますか?

はい、こちらも6月以降、対面での面接を実施する企業が増えています。最終面接まで全てオンラインで、という企業はまだまだ10%以下の少数派ですし、そうしたケースはインターンシップ等で学生の人柄等を熟知しているというのがほとんどだと思いますので、多くの企業が6月に入っていよいよ最終の見極め、という状況ではないでしょうか。

 

――これだけオンライン面接が普及しても、やはり一度は会わないと、という企業が大半なんですね。

要因はそれぞれの企業にとって様々だと思います。例えば接客業務が必要なある企業で聞いた話では、オンライン面談で非常に好印象だった方が、実際に会ってみると表情や振る舞いなどの印象がオンライン面談時とはまったく違っており、驚いたことがあったようです。もちろん見た目だけで学生を選んでいるわけではないのですが、体型や服装のセンス、何気ない所作や振る舞いといった面もトータルで評価するのが面接選考なので、やはり会ってから判断したい、と仰っておられました。

また一方で、オンライン面接をしているモニタの周りにカンペを貼り付けていて、それをチラチラと横目で見ながら受け答えする学生もいるそうです。もちろんそうしたケースは論外ですが、今後さらにオンライン面接が広がっていく中で、いかにして公平性を保つかは考えないといけない課題だと思います。

次のページ:例年以上に長期化する可能性が高い、21卒採用。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ