人事こそ最強の経営戦略

著者:南和気

「人」を活かせる組織に。

 

今、多くの日本企業にとって「グローバル化」は企業の成長戦略上、最も重要な経営課題となっています。リーマンショック以降、日本国内のマーケットが縮小し、グローバルに事業展開しなければ将来の展望が開けないなか、多くの日本企業は成長の機会を求め、先進国市場に加えて新興国市場の開拓を加速度的に進めてきました。しかし、世界の市場には多くの競合企業が存在し、従来の「Made in Japan」ブランドだけでは通用しない厳しい現実があります。

 

日本企業のグローバル事業は、独自性の高い製品力に支えられており、その中心には日本人がいました。よって、人事は「日本人のことだけを中心に考えていればいい」という時代が長く続いていたのです。日本企業は人事のグローバル化に対して、これまであまりに無関心でした。「海外の労働環境はよくわからないので、現地法人に任せよう」「会社で重責を担うのは日本人なのだから、日本人さえしっかり把握できていればいい」「海外子会社の社員や人事部は、本社に対して不満があるだろうし、こちらも信頼できない」といったように考えていたのではないでしょうか。

 

しかし、市場ニーズは急速に変化する時代となり、一つの製品力で長く成長を支えることが困難になりました。そこで、事業のグローバル化を進めるための重要な差別化要素として価値を高めているのが「人」です。

次のページ:海外の手法の「マネ」だけではうまくいかない。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ