オンボーディング

人事の図書館 編集長 大西直樹

「オンボーディング(on-boarding)」とは、『機内』や『乗船』という意味を持つ言葉から派生して作られた造語であり、直訳すると、「飛行機や船に乗っている」という意味になります。本来は船や飛行機に新しく乗り込んできたクルーや乗客に対して、必要なサポートを行い、慣れてもらうプロセスのことを指します。人事用語として使われる際には、企業が新たに受け入れる新入社員に対して行う研修の事を指し、配属から定着化、そして戦力化までのサポートの一連の流れのことを指し、そのためのプログラムを「オンボーディングプログラム」と呼んでいます。

新卒者はもちろん、即戦力と見込んで採用した転職者でさえ、最初から自分の力だけでスムーズにパフォーマンスを発揮し、組織内で活躍していくことは容易ではありません。新規採用人材の受け入れというと、従来は入社後の限られた期間に、集中的に実施されるオリエンテーション、すなわち新人研修が一般的でしたが、それだけでは早期離職防止の効果は薄く、離脱は避けられたとしても戦力化までに時間がかかります。そこで、より継続的に行われる教育・訓練の取り組みとして、オンボーディングの重要性が浮上してきたのです。

 

オンボーディング導入のメリット

 

◆新入社員の早期戦力化

平均的な新入社員研修では、戦力として成果を上げるようになるには、半年から1年ほどかかると言われてます。オンボーディングプログラムでは、新しく入ってきた人が仕事をいち早く覚え、自分のスキルとして活かせるようになるまでのプロセスを明確にするための手段であり、早期戦力化を目指す企業にとって、とても効果的なものです。従来の育成方法よりも短い所要時間で組織に新しく入ってきた新入社員の早期戦力化が可能になります。

◆組織の結束力の向上

採用されたあとオンボーディングによって交流を深めたり、メンターが指導してくれたりすることで、企業が自分に期待していることを肌で感じモチベーションアップもつながるでしょう。また、組織内での活発な情報共有がおこなわれることで、社員同士がお互いに助け合うことができ、組織における結束力の向上も期待できます。

◆業務の効率化

新入社員への育成を仕組化させることで、通年採用を活用している企業でも現場の社員の負担を減らすことが出来ます。また、マニュアル化させたり制度を整えることで、まだ分からないことが多い新入社員でもすぐに、答えに辿りつくことができるので、とても効率的に仕事が進むようになります。

次のページ:オンボーディング導入の際の取るべき5つの行動

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

  • オンボーディング

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.05.18 更新

  • リテンション

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.04.27 更新

  • RJP

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.03.16 更新

  • ワーケーション

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.02.17 更新

  • 限定正社員

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.01.20 更新

おすすめ記事

一覧へ