若者を育て、社会を元気に。

一般社団法人未来教育推進機構(UMEDAI) 代表理事 大石博雄さん

経済産業省 キャリア教育アワード 優秀賞にも輝いた「学びを提供する」インターンシップ。

 

――UMEDAIの活動概要を教えてください。

 

日本の大学教育については戦後、アメリカの影響を大きく受けた後、現在に至るまで大きく変化する事はありませんでした。しかし、今、そのアメリカにおいても大学教育は既に限界にきております。そんな時代だからこそ、初心にかえり我が国の教育を今一度振り返り、見直すべきだと考えて、『日本の教育改革に新たな革新的な提案をする』ことを目指し、UMEDAIを立ち上げました。「人」と「人」が交わることで「学び」が生まれるというプロセスを理想とし、参加者が自身の所属組織・大学の枠を越えた学びの空間を梅田から作り出す事を目指し、日々の活動に取り組んでいます。組織体制としては、「学生・若手推進プロジェクト」「女性活躍推進UMECOプロジェクト」「海外人材活用促進プロジェクト」「学習メソッド開発プロジェクト」の4部会に分かれています。

 

――大学生向けの「UMEDAIインターンシップ」は、国から賞を獲得したそうですね。

 

経済産業省が毎年行っている「キャリア教育アワード」の優秀賞を獲得いたしました。複数大学・企業参画による社会課題解決プロジェクト「UMEDAIインターンシップ」は、ダイバーシティ、働き方改革の流れにも対応した、学びと働きを同時に体験できるプレインターンシップ型のプロジェクト学習です。直近では、「高校生のキャリア授業を考案せよ!」というタイトルで、高校生での進路選択のミスマッチをなくすような授業を考案するインターンシップを実施いたしました。自らも進路選択に悩んだ経験がある、やりたいことが見つからないまま進学したことでまさに今後悔している、といった大学生も多く参加し、実体験をもとに熱い議論が行われました。最終日には、実際に高校の先生と高校生の前でプレゼンテーションを実施し、考案するだけでなく実際にアウトプットの場を設けることで、参加学生も「自信に繋がった」「リアルな社会課題を解決することの醍醐味を感じ、自分のやりたいことが見つかった気がする」と、良い手応えをつかんでくれました。

次のページ:衝突を恐れるな、と伝えたい。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ