RJP

人事の図書館 編集長 大西直樹

ありのままを伝える「ホンネ採用」

 

「RJP」とは、Realistic Job Preview(現実的な仕事情報の事前開示)の略で、企業が採用活動を行う際、求職者に仕事や組織の実態について良い部分も悪い部分も含め、ありのままの企業実態を求職者に情報提供することです。このため、「ホンネ採用」(Realistic Recruitment)と呼ばれることもあり、企業と求職者間のミスマッチを防ぎ、定着率を高めることが期待できるため、多くの企業で注目を集めています。

 

売り手市場で就職率や有効求人倍率が高まる中、採用費用や採用難易度はますます増加傾向にあります。しかし大卒者の3年未満の離職率は、30%前後の横ばいの状況が続いており、莫大な採用コストのムダにつながるだけでなく、新人を戦力として期待していた現場の士気にも悪影響を及ぼしかねません。

労働政策研究・研修機構(JILPT)の資料によると、日本の3年以内の離職理由で最も多いのは、「労働条件・休日・休暇の条件が良くなかった」というもの。「人間関係が良くなかった」という理由による退職だけでなく、労働条件に絡むものも上位に上がっています。

 

◆独立行政法人 労働政策研究研修機構「第6章 早期離職とその後の就業状況」より抜粋

 

労働条件は、選考段階や入社の意思確認の時点で、予め正しく伝えておけば、認識の相違は生まれにくいはずです。原因として考えられるのは、企業が採用活動を行う過程で個人である求職者と接する場合、お互いがお互いのために正確な情報を必要としているにもかかわらず、お互いがお互いを売り込もうという意識が働き、お互いがバイアスのかかった良い情報しか提供しない、というという状況があるのではないでしょうか。一方、アメリカではネガティブなことは隠さずに説明する、RJPに基づいた採用手法が、40年以上前から研究・実証されています。

次のページ:入社後のギャップによる離職を防ぎ、定着率を向上。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

  • オンボーディング

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.05.18 更新

  • リテンション

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.04.27 更新

  • RJP

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.03.16 更新

  • ワーケーション

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.02.17 更新

  • 限定正社員

    人事の図書館 編集長 大西直樹

    2020.01.20 更新

おすすめ記事

一覧へ