ワーケーション

人事の図書館 編集長 大西直樹

「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語

 

「ワーケーション」とは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、休暇中に旅先等で仕事をする新たなテレワークの仕組みとして広まりつつあるスタイルです。もともとはアメリカで生まれた考え方ですが、2017年に日本航空(JAL)が導入したことで、日本でも働き方改革・休み方改革の新しい手法として注目されるようになりました。

ワーケーションが注目される要因としてまず挙げられるのが、日本における「低い有給取得率」です。旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」の「世界19ヶ国 有給休暇・国際比較調査2018」によると、日本人の有給休暇取得率は50%にとどまっており、3年連続で最下位。支給日数と取得日数の差も10日と最も多く、日本人は休みを与えられているにも関わらず、実際には取得できていないという結果になっています。

 

◆各国の有給休暇の平均支給日数・取得日数・取得率

 

次に考えられる要因は、日本人の「低い長期休暇取得率」です。同じくエクスペディア・ジャパンの調査では、日本人の休暇の取り方は「短い休暇を複数回」という人の割合が43%とトップで、欧米のように長期休暇でしっかりリフレッシュするという休み方ができておらず、休暇の質が低く、結果として生産性が上がらないという社会問題につながっていることが指摘されています。

 

◆各国の「休暇は『短い休暇を複数回』という人の割合」

 

そこで、休めない、休みづらいことを逆手にとって、仕事と休暇を合体させてしまおうという発想から、ワーケーションが生まれました。

次のページ:ワーケーションのメリット・デメリットとは?

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ