充実した研修体制で、海外人材の育成に成功。

株式会社ワット・コンサルティング 事業推進部 採用課 課長 田口淳子さん

文系出身者でも2ヶ月で、建設のプロになれる研修制度。

 

――活況が続く建設業界ですが、人手不足も慢性化しているようですね。

仰る通りで、おかげさまで当社にも技術者派遣の要請は数多く頂戴しているのですが、送り出せる数が不足しており、新卒・既卒問わず、常に新たな人材を求めている、といった状況です。

 

――競合他社も数多くあるかと思うのですが、その中で御社が選ばれている理由はどこにあるのでしょうか?

理由は大きく2つあります。ひとつは、当社は設立当初から掲げている事業コンセプトである「技術者の技術者による技術者のための会社」として、社員一人ひとりの技術者としてのキャリア形成を大切に考え、人材を育ててきたことです。会社の利益だけを考えた配属をするのではなく、その技術者の個性が最大限に発揮できるよう、またその者にとっていまどのような経験が必要か、どういった規模の現場を担当すればスキルアップにつながるか、といった視点で配属先を決めるようにしています。その結果、技術者それぞれが持っている能力値が他社と比べて高い、というところをご評価いただいてるのだと思います。

そしてもうひとつが、充実した研修制度です。他社では1~2週間程度の研修を経て現場に配属されるケースが多いようですが、当社では2か月もの間、技術研修はもちろん、ビジネスマナーやコミュニケーション研修、キャリアデザイン研修といった実に幅広い分野におよぶ研修制度を設けており、これまで建設の知識の全くない方、文系出身の新卒の方でも、プロとして通用する知識を身に付けていただくことができます。

この研修制度には業界内からも注目されており、お取引先企業の研修を実施させていただく事業もスタートしております。

次のページ:現地の大学と提携し、安定的に人材を確保。

1 2 3

この記事の続きは、
人事の図書館の会員の方のみ、
ご覧いただけます。

最新記事

BACK NUMBER

一覧へ

おすすめ記事

一覧へ